栃木レザー ヌメ革

日本の職人が100%植物タンニンでなめしたヌメ革です。革はキメが細く、なめらかな手触りが特長であり、革の表情を活かした透明感ある濃淡の美しさは、革の上から色をのせる顔料を使用しない水染めならではの色彩になります。使用色はナチュラル、キャメル、ブラウン、ブラックの計4色。
最初はほとんど艶消しの状態の革も、使っている間に次第に独特の艶が出てきます。これは摩擦などによって革にもともと含まれる脂分がしみ出てくるためで、艶とともに手にしっとりと馴染み、自分だけのシザーケースに育っていく工程を楽しむことができます。
→経年変化

※アースレザーの革の表面には、動物が肌に持つ「トラ」と呼ばれるシワやキズ、血筋などがそのまま残され、独特の模様を作り出しており、どれ一つとして同じものがございません。使い込むほどに味が出る革の個性をお楽しみ下さい。

ダブルオイルパラフィン

SB 品番から始まる商品は、パラフィン(ロウびき)加工した帆布を使用しています。
綿素材にパラフィン加工がなされており、強度が強く、撥水性があるので生地に液体やカラー材が付いても汚れが染み込みにくいのが特徴です。
使い始めは風合いが硬いですが、使い込むうちに柔らかく馴染んでいきます。
パラフィン加工の表面のロウの性質上、擦れ等で白化(チョークマーク)が出て、使い込むうちに独特の深い味わいへと変化します。

バイオウォッシュキャンバス

BW品番から始まる商品は、バイオウォッシュ加工を施した帆布を使用しています。
バイオウォッシュとはセルラーゼという酵素を使って帆布生地に洗い加工をする方法です。
適度に洗いをかけた生地は、柔らかく、暖かい雰囲気を醸し出し、使いだしから手に馴染む質感を感じることができます。

資料見本お送りします

革、帆布のサンプル付きカタログを無料でお送りします。
実際に手に取って、革の素材感やカラーをお確かめ下さい。
→カタログ請求