aruci 袴エプロンの背景 | aruci

aruci 袴エプロンの背景

こんばんは、minaです。

紫陽花が綺麗な季節になってきました。紫陽花の花の色は様々ですが、その土壌のphによって変わるそうです。花の色でphが分かる、ある意味リトマス紙みたいですね。久しぶりにリトマス紙という言葉を使いました…

さて、今日はaruciで圧倒的人気の

"袴エプロン"についてです。

新作も続々と登場してますので、ぜひサイトをチェックしてみて下さい!

さて今日はエプロンの製作の裏側をお伝えいたします。

aruciの商品は全て、職人が一つ一つ手作業でお作りしています。初めてその現場を見た時は、こんなに細かいところまで…と驚きました。

例えばポケット、折り目が綺麗に仕上がるよう全てこうしてたたいて跡をつけます。

金具も1つ1つ、ちゃんと締まっているか確認しながら手でとめます。

エプロンを長くお使いいただけるよう、縫い終わりをライターで焼きます。こうすることで糸がしまり、ほつれが出るのを防ぎより丈夫になります。

一つ一つのパーツを丁寧に作っていきます。

大量のポケット!

これはポケットの底のマジックテープの部分です。綺麗に仕上がるよう、両面テープで位置がずれないよう固定してから縫っていきます。

もちろんエプロンの紐の部分も一つ一つ作っています。

そして各パーツを縫い合わせていきます。

お伝えしたのは ほんの一部ではありますが、aruciの商品はこうして職人が心をこめてお作りしています。

そんなaruciのシザーケース、エプロンを長くご愛用いただければ幸いです。

まだお使いでない方も、ぜひご検討くださいませ!