apron series

apron

fashion

apparel

scissors case

scissors case

custom

custom

official post

instargam

公式アカウント

[ official post ]
aruci公式アカウントでは常に新しいシザーケースの形を発信しております

customer’s post

aruciユーザーの声

[ customer’s post ]
ぜひハッシュタグ [#私のaruci] をつけて投稿するとSNSにてリポストさせていただきます。

about us

我们的承诺

它被認為是“工具,是假裝成為一個人的重要元素”,並反複驗證原型和實際可用性。不僅了解設計,而且了解材料的特性,尤其是在Nume Leather中,我們小心地選擇了適合應用的皮革和麵料,例如最初製作。根據所使用的皮革調整0.1mm單元的厚度,以便易於使用且更輕。 Aruci的承諾是為意識到“美麗”的工匠做事。

它被認為是“工具,是假裝成為一個人的重要元素”,並反複驗證原型和實際可用性。不僅了解設計,而且了解材料的特性,尤其是在Nume Leather中,我們小心地選擇了適合應用的皮革和麵料,例如最初製作。根據所使用的皮革調整0.1mm單元的厚度,以便易於使用且更輕。 Aruci的承諾是為意識到“美麗”的工匠做事。

press

プレス
雨とアジサイと撥水と
シザーエプロンとは
FAQ - シザーケース編 -
场地更新通知
新年快乐
新产品的展示和销售
恭喜黎明
海軍藍圍裙
圍裙生產中的工作室
牛仔圍裙-ARUCI袴圍裙-
半訂單定製剪刀案例
感謝您參觀展覽
BOB 8月月刊公告
阿魯西展覽公告
生產中的豆類-剪刀盒-
關於剪刀口袋的區別
剪刀口袋
read more

philosophy

aruciの哲学

Aruci僅使用皮革,織物,金屬配件等。有時它最初是根據應用程序開發的。這些材料由訓練嚴厲培訓的工匠和設計師處理。在活躍在前線的美髮師,三格和花店的監督下,創建者和用戶都集成了,並創建了Aruci的作品。

youtube

aruciのシザーケース

aruci scissor case

スリムシザーケース

コンパクトなシザーケース。シザーを5丁収納することができるスリムなデザインなので、必要最低限の荷物で済ませたい方におすすめです。

全てのスリムシザーケースは、パーツをバラバラにすることができ、加えて、底を大きく開くことができるので、お手入れがしやすくなっています。フラップがついているため、シザーの飛び出しを防止。店舗移動がある美容師の方や、動物に刃物が当たらないように気を配る必要があるトリマーの方にとって使いやすいデザインになっています。

カスタムシザーケース

aruciのシザーケースはボディ、ポケット、ベルト、ショルダーの4つのパーツを選んで、自分の好みやスタイルに合わせて組み合わせることができるスタイルになっていますなっています。デザインやカラーバリエーションが豊富なので、お好みに合わせてお選びください。

シザーポケットは、シザーの本数によってポケットの数を選ぶことができます。美容師だけでなく、トリマー向け、フローリスト向けのシザーポケットもご用意してます。作り手と使い手が一体となり、機能美を追求した最高傑作のシザーケースです。

シザーケースの選び方

How to choose a scissor case

ショルダー

全てのショルダーが「肩掛け」「腰掛け」の2 way仕様になっています。

肩から下げて使う場合

そのままお使いいただくと肩掛け仕様になっています。

腰に巻くタイプ

ショルダーの短い方を外すと、腰に巻く仕様になります。腰にしっかり固定して使うので、安定感があり、立ったり座ったりしてもズレにくく、動きやすさが特徴です。

ポケットの丁数

ポケットの丁数は、自分が使用するシザーや、コーム、ブラシなどの数に合わせてお選びください。 小物を多く持ち歩く方は、余裕を持って入るシザーケースをお選びください。シザー・小物共に、少し余裕を持たせることで、機能性だけでなく、見た目も美しいシザーケースを保つことができます。

お手入れの仕方

How to care

シザーケース内のお手入れ

シザーケースの中には髪の毛がたまってしまいがち。そのため、日頃からシザーケース内の髪の毛を取り除くことが大切です。aruciで取り扱っているシザーケースは、底が大きく開いたり、パーツをバラバラにできるなど、簡単にお手入れすることができます。

革のお手入れ

基本的なメンテナンス方法は、一日使い終わった後に乾いた布で埃などを落とすだけです。
万が一、汚れがついた場合はできるだけ早く、やわらかく乾いた布で拭き取ってください。
濡れてしまった場合は、水分を拭き取った後、風通しの良い場所で乾かしてください。
スプレーやクリームを使ってケアをすると、傷や汚れを未然に防ぐことができます。
一方であえて何もお手入れせず自然のまま革を育てる楽しみ方もあります。 傷やシミはつきやすくなってしまいますが、経年変化による深みや味わい、革の表情を感じることができます。